にきびと肌の関係 にきびの芯・跡・予防治療の対策方法

敏感肌とニキビの関係

敏感肌ニキビは、深い因果関係があります。
敏感肌ニキビが発症すると、ニキビができている皮膚の皮が剥ける、しみる、なんでもないようなものにすぐに反応して赤くなる、痒くなる、カブレ、化膿を起こす、ニキビ跡のシミができやすく治り難いなどの特徴があります。

ニキビ対策には、自分の肌質を知ることが最重要なのです。
ニキビ予防は薬をつけることではなく、ケミカルピーリングすることでもありません。
肌質を考えないでむやみに薬に頼ったりやケミカルピーリングすることで逆に症状が悪化することも多いのです。


ニキビは、毛穴から、出る脂の質が悪くなることが主な原因ですが、ご自分の肌質が、どのような肌質かが重要ですし、肌質にくわえて肌機能が低下していることも、ニキビができて治らなくする原因なのです。

だから肌の機能を正常に働くようにすることも予防になるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。