にきびの薬って? にきびの芯・跡・予防治療の対策方法

にきびの薬って?

にきびの薬」では、にきびに効く飲み薬や塗り薬をご紹介しています。

にきびの薬の種類も様々で、抗生物質や漢方薬、低用量ピル(ホルモン剤)、ビタミン剤などによる治療があげられます。

有名なにきびの市販薬ではクレアラシル、ビフナイトなどいおう成分が入ったものが主流です。

にきび予防にはビタミン剤(ハイチオールCやチョコラBB、ハイシーBメイトなど)もあります。

にきびの漢方薬では清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)が代表的です。

にきびの飲み薬の場合、ミノマイシン、アキュテイン、ルリッドなどがあります。

ホルモン剤・低用量ピルではマーベロン、トリキュラーなどが一般的ににきび皮膚科や婦人科等処方されます。

にきびの塗り薬の場合、アクアチム、硫黄カンフルローションがメジャーです。


最近では、ダラシンTゲル、ダラシンローション、さらにトレチノイン、ハイドロキノンを処方してくださるにきび皮膚科、美容外科クリニックもあります。

個人輸入・輸入代行ではアダパレン(にきびの塗り薬)があります。

アゼライン酸やアキュテインもにきび治療薬として用いられます。

にきび薬は保険が適応されるものもありますが、中には輸入代行等を利用しないと手に入らない薬もありますし、中にはにきびの薬は副作用が強いものも存在します。

にきびの薬」ではにきび皮膚科にて処方されているお薬(保険が適応されるもの、保険が利くもの)を基本的にご紹介しますが、かかりつけのお医者様に相談、もしくは指示に従ってから慎重に利用するようにしてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。