にきびにならない食事って? にきびの芯・跡・予防治療の対策方法

にきびにならない食事って?

にきびにならない食事とは?
にきびに一番効果を発揮する成分はなんといってもビタミンB類です。

毎日の食生活でこのビタミンB類をたっぷり摂取する事で、すいぶんとにきびの悩みを軽減してくれる頼もしい存在です。

ビタミンB2は成長の促進、アミノ酸・脂質・炭水化物の代謝に必要なビタミンです。

レバー、酵母、牛乳、ほうれん草、さば、焼き海苔、干ししいたけ、ワカメ、卵などに含まれています。

ビタミンB6は皮膚の健康を保つビタミンで、皮膚の抵抗力を強めて、にきびを予防します。

レバー、豆類、穀類、いわし、さば、まぐろ、卵、鶏肉などに含まれていますので、毎日できるだけ摂取しましょう。

ビタミンCの摂取も効果的です。

緑黄色野菜(パセリ、ブロッコリー、ピーマン、小松菜、大根の葉、ほうれん草など)、淡色野菜(ニガウリ、レンコン、キャベツ、トウガン、枝豆など)、果物(レモン、いちご、キウイフルーツ、柿、ネーブルオレンジ、ハッサク、グレープフルーツ、メロンなど)やじゃがいもなどです。

また緑茶、番茶などはお手軽ですので積極的に取るよう心がけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。