にきびのでき方 にきびの芯・跡・予防治療の対策方法

にきびのでき方

毛穴の出口付近の角質層が厚くなると、毛穴はもともと非常に小さいものですから、角質層が厚くなると、簡単に出口をふさがれてしまいます。
すると普段は毛穴から放出される皮脂が、出口を失ってつまっていきますが、この段階ではまだ目に見える変化はありません。

角質が厚くなる異常角化はターンオーバーが正常に行われなかったりすると起こります。
もともとの原因は、ホルモンバランスや体調、体質など、あまりにも影響する要因が多いために、はっきりとしたことはわかっていないのが現状です。

皮脂が過剰に分泌される10代など、思春期にできるにきびの場合、遺伝的な体質や、食生活の偏りなどで、皮脂の過剰分泌が起こります。
この場合、角質の角化が起こっていなくても、皮脂の放出が間に合わず、皮脂がつまってしまうことがあります。

逆に、大人になってからできるアダルトにきびの場合、皮脂がそんなに多くなくても、角質が角化によって毛穴がふさがれ、皮脂がつまる場合があるということです。

コメド(面ぼう)ができる毛穴に皮脂がたまると、それが固まり、コメド(面ぼう)という白い塊ができます。
にきびをつぶしたときに出てくる白いゴマのような、いわゆるにきびの芯の段階で、コメドだけを上手に押し出すことができれば、跡にならずに治すことができる場合もあります。

このコメドには、クローズドコメドとオープンコメドの二種類があります。

クローズドコメド(閉鎖面ぼう)は、毛穴の出口が完全にふさがれた状態のもので、炎症を起こしやすいです。
表面からは若干膨らんでいる程度でよく見えませんが、触ると小さなしこりのようなものがあり、これを通称・白にきびといいます。

オープンコメド(開放面ぼう)は、毛穴の出口が多少開いている状態のもので、コメドが酸化してしまうために、汚れて黒くポツポツとしていて、これを通称・黒にきびといいます。

炎症が起こるたまっていく皮脂をエネルギー源にして、ニキビ菌がどんどん繁殖していき、炎症が起きるため、赤く、熱を持ったような状態になり、こうなると表面からもはっきりと見ることができ、これを通称・赤にきびといいます。

化膿する増えすぎたニキビ菌を撃退するために、血液中の白血球がニキビ菌を攻撃しニキビ菌と白血球の死骸が、膿(うみ)となってたまっていき、プヨプヨのおできのようになり、これを膿庖性座そう、または炎症性にきびといいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。