にきびの芯・跡・予防治療の対策方法

ニキビをつぶす基本とは?

本来、人為的ににきびを潰すことは、かえって症状を悪化させたり、にきび跡を残す危険な行為です。

しかし、比較的、症状の軽いにきびの芯の初期段階については、早めに芯を出した方が、結果的に良い場合もあります。

にきびの芯を治療してくれるクリニック(美容皮膚科など)もあり、基本的には、圧出などが行われるようですが、個人ケアによる症状の悪化や色素沈着等のリスクを回避したい人は、医療機関で治療を受けるのも考えられます。

ただし、肌や症状には個人差があるため、芯出しをしたからといって必ずしもにきびがなくなる(あるいは跡に残らない)といった保証があるわけではありませんので、にきびケアを行う際には、常にその点を意識して治療に臨まなければなりません。

自分でできる正しいにきびの芯出し方法はありますが、自己処置では患部に細菌などが繁殖し、かえって炎症を悪化させてしまうリスクも否定できませんので、芯出しを実行される方は、自己責任でお願いしますね。

顔ダニって

顔ダニとは?
毛包虫、毛嚢虫で頭部の毛根や皮脂腺に寄生します。

この顔ダニは無害で、生後間もない赤ん坊以外の97%の人の毛根や毛穴に寄生していると言われています。

顔ダニは余分な皮脂を食べてくれる為に、皮脂の調節をしてくれますが、大量に繁殖すると、肌荒れ、にきびの原因になると言われています。

ステロイドで免疫力が弱っていたり、顔ダニの餌となる皮脂や化粧品の洗い残しがあると繁殖するといわれています。

硫黄の含まれた軟膏や専用の器具で押し出して駆除する対処法や、顔ダニ駆除の効果のあるZZ軟膏やXFMLクリームなどを処方してくれる皮膚科があるようです。

ニキビの種類って

一般期に黒にきびより白にきび、白にきびより赤にきびの順で症状が重いと考えられ、治療の難易度も高くなっていきます。


赤にきびはアクネ菌が炎症を起こす物質をつくり出し、皮膚に赤いブツブツが出きてしまう状態を言います。

白にきびは毛穴はふくらんでいるけれど閉じている状態で、全体が黄いろっぽい白に見えます。

皮膚色に近くあまり目立たない為こちらも軽視されがちですが、黒にきびよりも悪い状態といえます。

黒にきびとは毛穴を中心にして肌の角質と酸化した皮脂が固まり、毛穴が開いて、コメド(にきびの中心にあるゴマ粒のような状態になったところ)の先端が黒くなった状態の事をいいます。


痛みなどもなく、皮膚表面にでっぱりもない為、化粧などで隠して、ついそのまま放置してしまいがちですが、それが原因で悪化してしまう事もあります。


赤にきびが原因でさらに症状が進むと広がった毛穴の壁が破れて炎症が大きくなり、かなりの重症にきびとなってしまいます。

そうなると、2.3日で治る事はまずなく、やっと治ったと思っても、皮膚に凹みが出来たり、シミになってしまったりと、その後の後遺症にも悩まされる事となりますので、ここまで悪化をさせない為にも、早くに肌の注意信号を察知して、黒にきび白にきびの段階で、早期的な治療を心がけるようにしましょう。

しかし、赤にきびまで発展してしまった場合には症状を悪化させない為に、できるだけ患部に触れず、化粧を控えて治療したほうがいいでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。